みんなが安らげる家づくり

家は誰もが一番落ち着く場所。みんなが安らげる家づくりのを紹介しています。

築浅のうちに売るほうが良い

何らかの事情で家を売却しようと考えている場合、早めの売却が有利です。
家は建築からの年数が新しいほど、評価が高くなります。
購入する側から見たら、一年でも新しい物件のほうが魅力的に見えるものです。
築浅物件というのは、やはり買主の購入意欲をそそるものです。
じゃあ建ててから何年ぐらいの物件が築浅になるかというと、まあせいぜい10年未満でないと築浅とは言えないでしょう。
不動産の中には売れないまま何年も経過している物件が多くあります。

 

不動産売却の詳細を見る

 


不動産の売却がすすまない、築年数だけがいたずらに増えるので、条件は悪くなる一方です。
そして、最終的には大幅に値下げして、なんとか売るというケースも見られます。
そうなる前に、どうせ売るなら築浅の段階で早めに決断するべきです。


債務整理を頼んだ場合、弁護士と司法書士、どちらが安い?

弁護士と司法書士に債務整理を依頼した場合…実は、司法書士にはできないことがあるのです。
例えば弁護士であれば、すべての裁判に対して代理人になることができます(簡易裁判所~最高裁判所まで)。
かたや司法書士の場合、訴訟金額(上限)140万円までは代理人になることはできるのですが、それ以上だとできません。
つまり簡易裁判所までしか代理人になることができないのです。
そういう観点を考えれば、債務整理を司法書士に依頼した方が費用が安くなるといえます。

債務整理の中でも任意整理は手続きが煩雑です。

任意整理の手続きについて

任意整理は一定金額以下ならば弁護士だけじゃなく司法書士でも可能です。


安心して住みたいなら最低限の備えを

住宅をお持ちの方、又これから購入される方、やはり住まいは安心してくつろぎたいですよね。

しかし、住宅購入の資金にあまり余裕を持たないで購入する場合に、色々見落としがちあるいは資金の問題で出来ない事があるかもしれません。

本当に安心して住むためには、最低限抑えておいてほしい部分があります。

近年地震が多いと感じているでしょうが、やはり耐震住宅と普通の住宅では、全然地震に対する備えが違います。

よほどの大きな地震でない限り、耐震住宅は地震に耐えられますが、普通の住宅では難しいでしょう。

それに火災も心配です。最低限、不燃材を使った住宅を推薦します。

また防犯も心配になってきます。当然玄関前には防犯カメラや玄関は最新の鍵、窓には防犯フィルムを取りつけて、空き巣を家に侵入させない工夫が必要です。

自分の家は自分で守るしか有りません。

これらの費用も考えて住宅購入なさると、後々住まいの安心感が違う事を、住んでみて実感なさいます。